お知らせ NHKで紹介されました!「難聴障害度質問票」で聞こえをチェックしましょう!

加齢による聞こえの変化

年齢を重ねると高い音から聞こえづらくなります。

言葉は母音と子音から構成されています。
高い音が聞こえにくくなると子音が聞き取りにくくなり、聞き間違えをしやすくなります。

加齢による聞こえの変化

※聞こえの状態には個人差があります。耳鼻咽喉科医の診察をお受けになることをおすすめします。

健聴
20dB
木の葉のふれあう音

木の葉のふれあう音など小さな音が聞こえる場合、補聴器は必要ありません。

小声が聞こえにくい方

軽度難聴25~40dB HL
30dB
ささやき声

補聴器を早めに装用することで、補聴効果も得やすくなります。
まずはお気軽に補聴器を試してみませんか?

普通の声の大きさが聞こえにくい方

中等度難聴40~70dB HL
40dB
深夜の市内・図書館
50dB
静かな事務所
60dB
普通の会話・チャイム

人とのコミュニケーションが億劫になっていませんか?
早めに装用を開始されることをおすすめします。

少し離れると大声でも聞こえにくい方

高度難聴70~90dB HL
70dB
掃除機・騒々しい事務所
80dB
地下鉄の車内

日常生活でご不自由を感じていらっしゃいませんか?
是非、補聴器をお試しください。

耳元で大声でも聞こえにくい方

重度難聴90~120dB HL
90dB
騒々しい工場
100dB
電車通過時のガード下
110dB
自動車のクラクション

日常生活でご不自由と推察いたします。
すぐに装用準備を始められることをおすすめします。

そんなお悩みは、
ファミリー補聴器へご相談ください。