お知らせ NHKで紹介されました!「難聴障害度質問票」で聞こえをチェックしましょう!

補聴器のメリット

音の聞こえ方や耳の形は人それぞれ異なります。
また、生活の中で必要な音や聞き逃したくない音、なるべく聞きたい音も人それぞれです。補聴器は一人ひとりに合わせたフィッティング(聞こえ方の調整着け心地の調節など)ができます。

  1. Merit01コミュニケーションを楽しみましょう

    • ご家族・ご友人等の会話がスムーズ
    • ご家族と同じ音量でテレビ鑑賞
    • 家事が楽にこなせます

    難聴が進行すると、言葉を聞き間違えたり、何度も聞き返したりすることも増えてきます。聞き間違うことを恥ずかしがったり、聞き返すことを躊躇ったりすることで、コミュニケーションに消極的になってしまう方も少なくありません。補聴器を装用し、今まで聞き取りづらかった音が聞きやすくなることで、聞き間違えたり聞き返したりする回数が少なくなることも期待できます。

  2. Merit02趣味や外出を楽しみましょう

    • カルチャーセンターや講演会
    • おしゃれをして、友人とお出かけ

    テレビや音楽などを聴きやすくする機能を持つ補聴器を使えば、コンサートやホームシアターの鑑賞を楽しみやすくなるでしょう。日々の運動量や会話量を分析する補聴器もあるので、外出のたびに自身の活動量の変化をチェックすることも可能です。どのような補聴器を選ぶかによって、趣味を今まで以上に楽しんだり、外に出て人と会うようになったりするきっかけが広がります。

  3. Merit03身の回りの音を聞いてみましょう

    • 近付いてくる車や自転車の音を認識
    • 状況を素早く把握できる

    人の聴力低下は30代頃から徐々に進行していくとされています。難聴の方が補聴器を装用することで健康な人の聞こえ方に近づきますから、難聴の程度によっては何年ぶり、何十年ぶりに耳で聞く音もあるでしょう。身の周りのあらゆる音を耳で聞くことで、周囲の危険や自分の状況を察知しやすくなるとされています。補聴器をつけて、身の回りにどんな音があるのか確かめてみましょう。

「声をかけても返事がないから余計な話はしない」

聞こえの問題で、家族や友人との
コミュニケーションがしにくいと感じていませんか?

そんなお悩みは、
ファミリー補聴器へご相談ください。